Web Business

流して良いのに流したらいけない!?意外なトイレ詰まりの原因

水に流してはいけないトイレットペーパーがある!?

トイレ詰まりの原因は、トイレットペーパーの流し過ぎがその大半を占めていると言います。しかし、本来トイレットペーパーは水溶性で、適量を流すようにすればトイレは簡単に詰まるようなことはありません。一方で、適量であるにも関わらず、流すと詰まってしまうトイレットペーパーが存在します。それは簡単に水に溶けない粗悪なトイレットペーパーです。不審なくらい安価な海外製のトイレットペーパーなどは、流すのにかなり注意が必要です。

「水に溶ける○○」は流して良いの?

昨今、トイレに流せることをウリにしたティッシュペーパーやお掃除シートが、量販店などでよく売られています。しかし、これらの製品はトイレットペーパーと比べると明らかに水溶性が低いので、流す際には注意が必要になります。水量が弱かったり、使いこんでいて古くなっているトイレでこれらの製品を使用すると、簡単にトイレを詰まらせてしまいます。場合によっては、普通の詰まりよりも状態が悪化することもあるので、よくトイレの状態を確認してから使用するように心がけましょう。

トイレに流せる猫砂は要注意!

猫砂の中にも、トイレに流せることを謳い文句にしている物があります。しかし、このような猫砂もトイレに流すのは適当ではありません。トイレに流せるとあっても砂は砂なので、当然トイレを詰まらせる原因になります。さらにティッシュペーパーなどと違って、砂は簡単に排水管を塞いで深刻な詰まりを誘発することがあるため、猫砂はトイレに流さずにゴミとして廃棄するようにしましょう。幸い、猫砂は「燃えるゴミ」で出すことができるので、トイレに流すより少し手間を足すだけで簡単に処分できるはずです。

水道修理は配管の劣化や損傷に対処する目的で行われますが、同じ修理でも使用する部品の材質によって費用が大きく異なります。一般的に温度変化などの刺激に強く、強度が高い部品ほど高額になります。