Web Business

フォークリフト運転手が最も心掛けなければならないことは

フォークリフトが必要な現場

物流業界では倉庫という環境でフォークリフトが必要とされる現場はとても多くあります。フォークリフトが活躍している倉庫内の作業を実際に目にしたことがあるという人は人はなかなかいないのではないでしょうか。一言に倉庫と言っても色々な倉庫がありますが、一般作業者がほとんどでハンドリフトだけで運べるような品物を扱っている倉庫もあれば、人の手ではとても運びきれない重たい荷物をフォークリフトが行き来するような大きな倉庫もあるのです。

フォークリフト運転手の仕事

平屋建て倉庫もあれば三階建て五階建てなどのビルになっている倉庫もあります。平屋でも階層でも天井の高さは八メートルから十メートルほどあるのが一般的な建屋作りです。高い天井に対してはネステナーを使いネスティングすることがスペース圧縮に繋げる基本作業となります。これらの仕事を現場でこなしていくのがフォークリフトの作業とも言えるでしょう。フォークリフトは荷物の上げ下げを行う特殊な作業車であり現場運用にも欠かせないマシンなのです。

技術を持ったリフトマンになろう

フォークリフトを運転する人をリフトマンと呼びますが、リフトマンに最も必要な技術とはどんなものでしょう。フォークリフトの見た目はとてもコンパクトで軽く見えますが実際の重さは普通自動車よりも重く馬力もあります。平均の重さは1トンほどですが3トンもの重量をもつフォークリフトもあります。フォークリフトでの注意は言うまでもなく事故を起こさないようにすることです。安全確認、指差呼称は当たり前、常に注意しながら運転するには日ごろから鍛えている確かな技術が必要なのです。

フォークリフトは荷物の出し入れや車両への搭載作業を効率的に行うことができる作業車両ですが、重心が高い特徴があります。事故を防ぐために制限速度を厳守する他、荷物の運搬中は周囲に気を配ることが大切です。