Web Business

自営業を始める場合に知っておきたいこと3選!

自営業は毎月の収入が安定しない

これまでの会社員などの経験を活かして自営業を始めようと考えている人もいるでしょう。始めるにあたって知っておいた方がいいこともあります。一つは、毎月の収入が安定しない可能性があることでしょう。会社員の場合は、なかなか慣れないかもしれません。収入がまったくない月に耐え、収入が多い月はその後に備えて預金しておくなどの対応が必要になってくるでしょう。自営業を始めるにあたってはその点の覚悟が必要かもしれません。

自営業が借入をする場合確定申告書数年分が必要

自営業を始めるにあたって知っておくといい点の二つ目は、銀行等からの借り入れについてです。事業資金であれ住宅ローンであれ、自営業が銀行借り入れを申し込む場合、過去数年分の確定申告書等を求められることになるでしょう。年収に対する一定割合以内に返済が収まる必要があるという審査基準がありますが、自営業の場合は年収の安定性も問題になります。そのため、場合によっては借入がしにくいこともあり得るでしょう。できれば、会社員のうちに借り入れをしておく等の準備が必要かもしれません。

自営業は損害賠償リスクがある

会社員の場合にはほとんど意識することがなかったかもしれませんが、自営業を始めると損害賠償責任を負うリスクがあります。それが三つ目の知っておきたいことでしょう。個人事業を開業すると、事業に関する責任をすべて負うことになるでしょう。そのため、事業を始めるにあたっては、事業用の個人賠償責任保険に入っておく等の準備も必要かもしれません。保険商品にもいろいろな種類がありますので、保険会社の説明をよく聞いて自分に合った保険に入るといいでしょう。

フランチャイズは蓄積されたノウハウや情報を共有することが出来るので、開業をしたい場合には最適だといえます。