Web Business

展示会の会場準備!プロから見たテクニックを紹介!その内容とは?

光源を上手く利用しよう

展示会で必ず利用する内容に光源が挙げられますよね。光源の利用の仕方次第で魅力的に見せる事も可能ですが、魅力を損ねてしまう事も出てきますよ。例えば、同じ強さの光源を様々な展示品に照らしてしまうと、光の差が現れずどれもこれも似たような姿に映ってしまう可能性がありますよね。ポイントは、展示品のグループ分けを行ない、各々グループに対して違う光源を扱う事によって、より分かり易く伝える事が可能になりますよ。展示品の中でも、一番見て欲しい展示品に対しては一番強い光源を扱うと、より魅力的に見せる事も可能になりますよ。

メインの展示品は、広い場所の中央当たりで

展示会の中には、メインとして見てもらいたい展示品がある事がありますよね。他の業者と共同で行う展示会の場合は、ブースを設けている事が一般的であり、人を惹きつけるために、メインの展示品を入り口付近に出してしまう事もあります。ブースの内容によりますが、表に出すと後の内容が価値の低い内容として映ってしまう可能性がありますよ。入り口に人が多く集まれば、そこで人が停滞してしまう可能性もありますよね。基本的にメインの展示品は、広い場所の中央当たりが望ましく、ブース全体を輝かせる事が可能になります。この様な内容は、水族館などでよく利用されているテクニックであるため、参考資料として水族館に足を運ぶ事もお勧めですよ。

手に届く内容と届かない内容

一般的に、展示品の多くは手に触れる事を禁止していますが、手に触れる事が可能な範囲内で展示されている内容と、手に触れる事が不可能な範囲内で展示されている内容に分かれますよね。展示品の内容にもよりますが、価値の高い内容は手に触れる事ができない場所に配置する事が望ましく、その展示品よりも価値の低い内容は手に触れる範囲に展示するのもポイントになります。一般的に人は、自分の目線よりも高い場所は価値が高く、低い場所は価値が低いと判断される事もあるため、目線の高さを考慮する事も大切と言えるでしょう。

展示会の施工を成功させる為には、限られた空間を生かして企業や商品のイメージに合う設計が出来る業者に依頼をすると良いでしょう。